相続登記(遺産相続登記)の代行手続きは、全国対応の丹羽司法書士事務所が承ります。

お申し込み、お問い合わせはメールフォームより24時間受付です。
HOME > 必要書類のご案内

相続登記に必要な書類

被相続人(亡くなられた方)に関する書類

1、被相続人の出生から死亡までに編成された戸籍・除籍・改製原戸籍等の謄本

具体的には

・被相続人が出生し、最初に出生事項が記載された戸籍
・被相続人が転籍や分家されている場合は転籍・分家前の戸籍
・被相続人の婚姻前の戸籍
・被相続人の死亡年月日を記載した戸籍(除籍)等

戸籍・除籍に関しての知識が必要ですから、ご依頼頂ければ当事務所で代行取得する事も可能です、勿論代行取得も全国対応しています。
被相続人の銀行解約手続きや保険の手続きで取得され、原本をお持ちで有れば、それを使用する事が出来ます。(相続登記に使用する限りでは、有効期限が有りません。)
2、被相続人の住民票除票・本籍欄の記載があるもの又は戸籍の附票
(住民票除票は住所地の市町村役場、戸籍の附票は本籍地の市町村役場で取得できます。)※被相続人の住所とのつながり(同一性)を確認するため必要です。

相続人(配偶者、子、父母、兄弟姉妹等)に関する書類

1、相続人全員の戸籍謄本または抄本。(相続人の本籍地の市町村役場で取得できます。)
2、相続人全員の住民票(本籍地が記載された住民票)又は戸籍の附票
*当事務所では相続人の同一性を確認しています。
(住民票除票は住所地の市町村役場、戸籍の附票は本籍地の市町村役場で取得できます。)
3、相続人全員の印鑑証明書(遺産分割の協議をされずに法定相続分で相続登記される場合は不要です。)

その他の書類

1、遺産分割協議書の原本(相続人全員の印鑑証明書付き)
*遺産分割の協議が完了済みで遺産分割協議書が未作成の方、当事務所で作成出来ます。
2、公正証書遺言が有る方、上記遺産分割協議書は不要ですが、相続人全員の戸籍謄本又抄本と本籍地が記載された住民票又は戸籍の附票が必要です。
被相続人に関しては、死亡した日を記載した戸籍又は除籍謄本、住民票の除票又は戸籍の附票が必要です。
(戸籍謄本、除籍謄本住民票、戸籍の附票など、ご依頼頂ければ当事務所で代行取得する事も可能です、勿論代行取得も全国対応しています。)
3、相続関係説明図
4、固定資産評価証明書(市区町村役場の固定資産税課等で取得できます。)

その他事案により添付を要する書類

1、被相続人の不在籍、不在住証明書(市区町村により交付されない場合もあります。)
2、相続登記申請物件の登記済証(権利証・登記識別情報通知)
3、相続放棄の申述受理書(家庭裁判所が交付します。放棄の申し出が必要。)
4、特別受益の証明書(印鑑証明書付き)
5、その他(相続のケース又法務局により色々な書面が必要になる場合が有ります。)

↑ PAGE TOP

スマホ用